ボルドー

【感想レビュー】シャトー ラフィット ロートシルト(1971年)を飲んでみた!完璧なバランス、ボルドー格付け最高峰を堪能できる素晴らしい一本。

40代の専業主婦の女性です。

20~30代のころ、ワインの輸入業者で働いた経験があり、世界各国の様々なワインを飲む機会に恵まれてきました。

最近は、近所のスーパーやワインショップで値頃感のあるワインを購入し、自宅で飲んでいます。年のせいか、だんだん優しい味わいのワインを好むようになり、赤よりも白ワイン、オーガニックのワインを多く飲むようになりました。

シャトーラフィットロートシルト(Ch. Lafite Rothschild)1971年の特徴と基本情報

  • シャトーラフィットロートシルト Ch. Lafite Rothschild 1971年
  • 価格:時価(80,000〜130,000円)
  • 産地:フランス ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック
  • 種類:フルボディー
  • 品種:カベルネ・ソーヴィニョン主体 メルロー カベルネ・フラン
  • 評価:★★★★★

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、フランス・ボルドーの5大シャトーの一つです。

1855年に行われたボルドー地方のシャトーの格付けで最上位の1級に格付けされ、それ以降ずっと1級の地位を保っています。5大シャトーの中でも筆頭と評されることが多く、まさに世界最高級のワインと言えるでしょう

歴史は古く、中世の時代にはぶどうが植えられ、17世紀後半にはワインの生産が本格化していきました。

18世紀のベルサイユ宮殿でも振舞われ、「王のワイン」との名声も得ました。その後、ワインの名前(ロートシルト)にも含まれるように、ヨーロッパの大財閥ロスチャイルド家の所有となりました。戦時中にドイツ軍に没収されることもありましたが、またロスチャイルド家が取り戻し、現在まで受け継いでいます。

感想レビュー|シャトーラフィットロートシルト(Ch. Lafite Rothschild)を飲んでみて。

10年程前、ワインの輸入業者に勤務していた頃、仲良くなった同業者の同じ年生まれ(1971年)のメンバー5人で集まり、自分達の生まれ年のワインを飲む会を開催しました。

その日は1971年産のワインが数本集まり、会の大トリを飾ったのがシャトー・ラフィット・ロートシルト1971年ヴィンテージでした

実は、その前に飲んだ1971年のワインには、もう残念ながら味わいのピークを過ぎているものもありました。なので、みんな期待半分、不安半分で、いざラフィットのグラスに手を伸ばしました。

色合いは、ふちがやや茶味がかった優しい深紅色でした。香りは、ツンとくる要素が全くなく、優美だけどとても複雑で、これは絶対おいしいに違いない!と予感させるものでした。みんなその時点でこれはもしや大当たり!?と顔がニヤニヤし始めました。

味わいは、まず何よりの印象は全員一致で、「え?まだ若い?」でした。

まだ飲みごろを迎えてないという意味でなく、想像していたよりはるかに若々しかったことに一同驚きました。

果実の凝縮した味わいがしっかり真ん中にあり、後から濃厚さ、重みが押し寄せてきます。

それでも、とがった攻撃的な要素は皆無で、柔らかくなめらかな極上の舌触り。完璧なバランスのワインだと感じました

30年以上熟成してきたワインですが、本当に今がまさに飲みごろ、いやもう少し寝かせてもいけるかもしれないと、思いました。熟成により、複雑さ、まろやかさが見事に増しているにもかかわらず、枯れたと感じる部分は全くなかったです

1971年という年は、ボルドーワインにおいて決して当たり年ではありません。なのに、30数年という時を経てのこの味わい!これこそがボルドー格付け最高峰なんだなあと、驚嘆しました。

オールドヴィンテージのボトルを開けることは、ある意味バクチに近いところもあります。でも今までにない素晴らしい体験ができる可能性も多いにあります。この面白さも、ワインの魅力の一つだと思います!