イタリア

ランブルスコ ロッソボルゲシアの魅力と感想レビュー|1000円代以下で買えるスパークリング赤ワイン!

35歳主婦です。飲食店で働いてます。

ワイン歴は10年くらいです。普段はスパークリングか赤ワインでちょっと辛口が好み。

ランブルスコ ロッソ ボルゲシア (Lambrusco Rosso Borghesia)の特徴と基本情報

  • 価格帯:1000円以下
  • 生産年:不明
  • 生産者:ボルゲシア
  • 生産地:エミリア・ロマーニャ州
  • 種類:赤 スパークリングワイン
  • 味わい:優しい口当たりで果実の風味が豊かな甘口弱発泡性ワイン
  • 品種(ブレンド比率):ランブルスコ・ラマーニ45% マエストリ40% アンチェロッタ15%
  • 5つ星評価:5

ランブルスコ ロッソ ボルゲシアは、赤ワインの弱発泡性ワインです。

色味は深い赤。香りは開けた瞬間から、果実の風味が一気に香り、グラスに注ぐと泡と一緒に更に香りが広がります

弱発泡性なので炭酸がきつすぎず、最初から最後まで愉しめるワインだと思います。

生産地はイタリアの北部、エミリア・ロマーニャ州。この州は絶品のパルミジャーノチーズ、サラミ、バルサミコ酢などなど食材が豊富で美食の地と言われています。

ランブルスコ ロッソ ボルゲシア (Lambrusco Rosso Borghesia)の魅力と感想レビュー

この赤ワインと出会ったのは、主人とはじめて過ごしたクリスマスのときのことです。

「クリスマスならスパークリングでしょ!」という事でスパークリングワインを買いに行く事に。

スパークリングワインはあまり知識なくてそれにしようか迷ったんですが、そこで出会ったのが、今回ご紹介する「ランブルスコ ロッソ ボルゲシア」でした。

値段は1000円以下で買えるので高級ではありませんが、ボトルも気に入り買って飲む事に。

飲んだ瞬間から惚れました!

あまり炭酸がきついのは好きじゃないので、このくらいの感じがちょうどよく、料理を食べながらでも飲みやすかったです。

ランブルスコ ロッソ ボルゲシアは750ml。1人でも空けれるくらい美味しいです!

それからというもの、ランブルスコ ロッソ ボルゲシアをリピート買いしています。

ワイン初心者でもワイン好きの方でも、飲みやすく、味わい深いので自身を持ってオススメします。

主人は基本ワインを飲みませんし、あまり好きではありませんが、そんな主人もすごく気に入っていました。