ブルゴーニュ

感想レビュー|モレサンドニ ドメーヌ デュジャック(2014年)の魅力とは?

こんにちは、リョーマです。25歳の時からワインを飲み始めて、ワイン歴はちょうど10年くらいになります。

赤ワインは特別な日やお肉料理に合わせて飲むことが多いのですが、品種でいうと最近ではピノノワールに激ハマり。

今回はブルゴーニュ・モレサンドニの有名生産者「ドメーヌ・デュジャック」の2014年物をご紹介します!

モレサンドニ ドメーヌ デュジャック(MOREY SAINT-DENIS DOMAINE DUJAC)2014年の特徴と基本情報

  • 価格帯:8000円
  • 生産年:2014年
  • 生産者:デュジャック
  • 生産地:ブルゴーニュ モレサンドニ
  • 種類:赤ワイン
  • 味わい:華やかな香りと充実した果実味
  • 品種(ブレンド比率):ピノノワール 100%

ピノノワールが好きなので、ブルゴーニュに興味があるのは当然といえば当然です。

しかしながら、グランクリュクラスのワインは私のような一般の会社員がおいそれと飲める代物ではありません。

最近ではニュージーランドや、アメリカのカリフォルニア産の比較的低価格で高品質なピノノワールはたくさん世に出回っているので、3000円もだせば十分においしいワインに巡り合えるのかな、と個人的には思っています。それでもブルゴーニュの高級ワインへのあこがれは止まりません。

今回上げたワインはブルゴーニュの中でもモレサンドニでは欠かすことのできない生産者である、デュジャックの比較的若いビンテージのワインになります。

モレサンドニ ドメーヌ デュジャックの魅力と感想レビュー

当主のジャック・セイス氏はDRCで研修を受けたことのある人で「ドメーヌ・マルセル・グライエ」を購入して「ドメーヌ・デュジャック」を設立しました。

ニコラ・ポテルやシャルル・ルソー、ベルナール・クレール=ダユ、アンリ・グージュ、オベール・ド・ヴィレーヌといった高名な生産者らの醸造法をお手本に、ワイン造りを開始。今は彼の息子たちとモレを中心にジュブレ、シャンボール、ヴォーヌから高品質なワインを作っています。

現在はモレサンドニを含め、グランクリュを7つ所有しています。

私がなぜ着目したかというと、DRCと同じ、除梗器を通さずに房ごとタンクで仕込む、全房仕込みを行っている点にあります。

色合いは梗がブドウ果皮由来の色素を吸着するそうで、やや淡いらしい。しかし、そうすることで梗由来のタンニンや独特の風味が付与され、しっかりとした香りと味わいになります。ピノノワール好きなら一度は口にしてみたいワインの一つです!