カナダ

ヴィタ ヴィダル アイスワイン(VITA VIDAL ICEWINE)の魅力と感想レビュー!ワイン初心者でも飲みやすいフルーティで甘味が強いワイン。

こんにちは、ちょうど先日、ワイン歴1年になりましたYOSHIです。

最近では、街中のイタリアンカフェやワインバーを見つけた時にふらっと立ち寄る楽しみ方をしています。その中で、気に入ったものが見つかれば、家でも飲めるように購入しています。

ウィスキーや日本酒は3年ほど嗜んでいる一方で、ワイン特有の風味にはまだ慣れず。飲むとしても、白ワインのような口当たりがサッパリしていて飲みやすいものを飲むことが多いです。

今回は、私のようなワイン初心者にもおすすめできる飲みやすいアイスワイン「ヴィタ ヴィダル アイスワイン(VITA VIDAL ICEWINE)」の魅力をご紹介します!

ヴィタ ヴィダル アイスワイン(VITA VIDAL ICEWINE)の基本情報

  • 価格帯:3300円〜
  • 生産年:2013年
  • 生産者:VITA(ヴィタ)
  • 生産地:カナダ
  • 種類:アイスワイン
  • 味わい:甘味が強く、さわやかな口当たり
  • 品種(ブレンド比率):ヴィダル・ブラン
  • 5つ星評価:5★★★★★

ヴィタ ヴィダル アイスワイン(VITA VIDAL ICEWINE)は、2013年、カナダ産のアイスワインです。

アイスワインの特徴は、なんといってもその甘味です

ドイツやカナダ、オーストリアで厳しい冬の寒さの中で栽培・生産されたブドウが使用され、希少価値が高いとされています。価格は流動的で、その年や時期によっては比較的安価で入手することが可能です。

アイスワインの元となるブドウは、真冬の夜間、あまりの気温の低さに凍り付きますが、暖かい昼間には時間に解凍されます。この繰り返しによって水分が低下・凝縮され、非常に甘味の強いブドウが作られます。

限定された地域で手間をかけて作られたアイスワインは、フルーティで甘味が強いことが大きな特徴です

そのことから、一般的なワインの持つ酸味や、独特の風味が苦手な初心者でも、楽しむことができるワインといえるでしょう!

ワイン初心者にもおすすめな「ヴィタ ヴィダル アイスワイン(VITA VIDAL ICEWINE)」の魅力と感想

私にこのワインをすすめてくれたのは、高校時代の恩師になります。

その恩師は英語教師であったためか、海外の様々な文化の知識を持っていました。

授業中、テキストの中にワインの話題が載っていた時でした。

私は、ワインって苦手だけど、アイスワインというものだけは美味しかった。本当に甘くて飲みやすい。その作り方は特殊で…

と話していたのです。

その後、恩師には語学や進路のことについて相談をしていたことから、卒業後にも交流の機会がありました。

20歳の誕生日を過ぎたある日、食事に誘われ、例のアイスワインを飲むことになりました。

その頃、今以上にワインの酸味や風味が苦手だった私でしたが、アイスワインは飲みやすいのが印象的でした。

大学のサークルやゼミ、友人間での飲み会では、安物のワインしか飲むことができず、しっかりとしたワインを飲む機会など皆無だったため、衝撃を受けたことを覚えています。

もしも、あの時にアイスワインを飲む機会に巡り合えていなかったとしたら、私は未だにワインに対して強い抵抗感を持っていたことと思います

アイスワインという飲みやすい部類のワインを飲むことで、ワイン全般の飲み方を学ぶことができたためです。その点でも、その恩師とアイスワインには感謝しています。

現在では、アイスワインの銘柄の中でも、手頃な価格で楽しむことができる『ヴィタ ヴィダル アイスワイン』を購入し、自宅で楽しむようになりました。

友人を招いて一緒に飲んだ時には、お酒全般が得意でない友人でさえ、

「甘いのにすっきりしていて美味しい!」

「ワインじゃないみたいな飲みやすさ!」

と言っていました。

これらの過去の私と同様に、ワインが苦手で飲めない方には強くおすすめしたいです!

また、20歳を迎えた大学生の方は、お酒の上品な楽しみ方を学ぶ機会だと思って、奮発して購入することをおすすめします。何人かで集まって飲むのであれば、いくらかお金を出し合って購入するのもたのしいですよ。

お祝いや季節の行事で集まった際に、これを1本持っていくときっと喜ばれるはずです。同時に、その場にいる皆がその美味しさに驚くことでしょう!