ドイツ

黒猫がトレードマーク!ツェラー・シュヴァルツェ・カッツの魅力と感想レビュー(Zeller Schwarze Katz)

ワイン大好物です。赤ワインは料理に使う程度なのですが、白ワインはこまめに飲み比べをしています。

フランス、ドイツ等のヨーロッパのワインが好みで週末にチーズとワインで一週間の疲れを癒すのが楽しみの一つになっています。

高額なワインを購入するのが難しいのでスーパーで手軽に買えるようなワインを飲み比べています。

「ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ(Zeller Schwarze Katz)」の特徴と基本情報

価格帯:1000円前後
生産年:随時
生産者:不明
生産地:ドイツ ツェル村
種類:白ワイン
味わい:フルーティ
品種(ブレンド比率):
5つ星評価:★★★★

ツェラー・シュヴァルツェ・カッツはドイツのワインの産地で有名なツェル村で生産されている白ワインです。

トレードマークは黒猫で「黒猫のワイン」で有名です。スーパーで1000円前後で簡単に手に入れることができます。

いろんな蔵元があるのですが、どのラベルにも必ず黒猫が印字されています。

それぞれの蔵元がオリジナルの黒猫のトレードマークを持っていて、中にはイラストではなく猫の形をした瓶に入れて販売されているものもあります。

いろんな蔵元の黒猫ワインをコレクションにしているコレクターも多く、飲むだけでなく、集めたり、飾ったりしているファンも多数います。

ツェルの村にはいたるところに黒猫の看板や銅像があり、村でもトレードマークになっているそうです。

「ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ(Zeller Schwarze Katz)」を飲んでみた!感想とレビュー

ワインを飲み始めた頃、スーパーのワインコーナーに普通のワインとは違うワインを発見しました。

通常ワインというのは透明や黒の丸い筒状の瓶に入って販売されているのですが、そのワインは青い猫の形をした瓶に入って販売されています。

「これなら飲んだ後も飾りものになる」

と思い迷わず購入しました。

早速コルクを空けて飲んでみるとその良さは瓶のデザインだけでなく味にも反映されていました。

フルーティーで飲みやすく、口当たりまろやかでさっぱりした味が口いっぱいに広がります。ワインを飲み慣れていない人、お酒が苦手な人、女性の向きの味でした。

その良さにひかれ、インターネットでこの猫のワインのことを調べてみると、今から100年以上も前にツェル村に商人がワインを買い付けにきたそうです。

その時にいろんな樽からワインを一口飲み、どのワインを買い付けるか迷っていたのですが、ある樽のワインを手をつけようとすると黒猫がとんできて、商人達を威嚇し始めたそうです。

商人たちは「この黒猫がこんなに威嚇する位なのだから、よほど美味しいワインに違いない。」と思い、試しに飲んでみたところその味は極上でとても品のある味だったので商人達は迷わずこのワインを買い付けたそうです。

こんなエピソードからツェル村のワインには必ず黒猫のトレードマークが付けられるようになり、現在では世界中で愛されるワインになりました。

ワインを飲む時にはやはりチーズがつきものなのですが、普通のワインよりずっと薄口でフルーティなので味の濃い、塩分の多いチーズはあまりお勧めできません。このワインに合うチーズはゴーダチーズやモツァレラチーズあたりが一番いいと思います。

このワインはフルーティで果汁ジュースにちょっぴりアルコール分が加わった程度の本当に飲みやすいワインです。

女性、アルコールが苦手な人、ワイン初心者にはとてもお勧めのワインです。最初からあまりきついワインでかっとばすよりも、スタートワインとして飲んでいただくといいと思います。